スーツの使用頻度が低い時の問題点

日常的にスーツを着用する仕事をしていない人にとって、スーツを着る機会はとても少ないです。私もそうですが、せいぜい冠婚葬祭などのフォーマルなシーンでしかスーツに袖を通すことがなくなっています。

冠婚葬祭の頻度は決して高くありません。年間に一度もない年だってあるので、それだけスーツの着用頻度が低いということになります。しかし、急に必要になる場合もある為、いくつかのシーンに合わせたスーツを持っておくようにしています。何パターンか持っていれば、冠婚葬祭に対応することができるからです。

しかし、袖を通す頻度が低いと気になってくるのが体型の変化です。スーツは体に合ったサイズを購入しておかないと、着用時に不恰好になります。その為購入した時点の体型に合わせてあるわけですが、着用頻度が低いと体型が崩れてしまう可能性があるのです。実際、久しぶりにスーツを着ようと思ったら全然入らなかった、という経験を持つ方は非常に多いです。

最近はある程度までならアジャスターを使ってサイズ調整ができるスーツも販売されています。体型の維持に自信がない場合は、こういったスーツを持っておくと安心かもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加